現在の位置
各課案内
環境部
ごみ減量推進課
総合情報
食品ロスについて
食品ロスはもったいない~食品ロス削減に取り組みましょう~

食品ロスはもったいない~食品ロス削減に取り組みましょう~

ページID : 106432

「食品ロス」とは?

 「食品ロス」とは、まだ食べられる状態にもかかわらず廃棄される食品のことです。
 国内で食品ロスは年間約612万トン発生していると推計され、国民1人1日当たりに換算すると、お茶碗約1杯分(約132グラム)が廃棄されていることになります(農林水産省「平成29年度推計」)。これは、飢餓や貧困に苦しむ人々に向けた世界全体の食糧援助量(年間約390万トン)を大きく上回ります。
 食品ロスを削減するため、山形市では「30・10(さんまる いちまる)運動」をはじめとする食品ロス削減の取り組みを推進しています。
 また、全国で食べきり運動を推進し、食品ロスを削減することを目的として「全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会」(事務局:福井県安全環境部循環社会推進課)が平成28年10月10日に設立され、山形市も参加しています。

~食品ロスの主な原因~
(事業系)製造過程で発生する規格外品  (家庭系)食材の買いすぎ
     流通後の返品              調理の際の過剰除去
     販売時の売れ残り            料理の食べ残し
     飲食店での食べ残し           消費期限や賞味期限切れによる食材の廃棄

食べ残しはもったいない
宴会で実践! 「30・10運動~新しい生活様式編~」

「30・10運動~新しい生活様式編~」とは?

 「3010運動~新しい生活様式編~」とは、「コロナウイルス感染対策を兼ねた食品ロス削減運動」です。

 国からコロナウイルス感染拡大防止のための「新しい生活様式」が示されたのを受け、30・10運動~宴会編~(乾杯後の30分間とお開き前の10分間は、自分の席に着いて料理を楽しむことで食べ残しを減らす運動)を一時休止し、あらたに「30・10運動~新しい生活様式編~」として啓発することとなりました。
 飲食店から出る食品ロスを削減するため、コロナウイルス感染対策の新しい生活様式を取り入れながら食べ残しを減らしましょう。
 

「30・10運動~新しい生活様式編~」のポイント

 1 食事の前に30秒間の手洗いまたは手指消毒をしましょう。
 2 間隔を最低1メートル空けて料理を楽しみましょう。
 3 お酌は避けて、自席で料理に集中して、食べ残し0を目指しましょう。

 

新しい生活様式編での食べきり実践のしかた

1 予約注文する前
□参加者の人数や好みに合わせてお店を選び、食べきれるメニューと量を注文♪  =適量注文
注文する場合は、大皿ではなく、小皿か1人ずつのワンプレートで提供できるか聞きましょう。

2 食事前
お店に入ったら、手洗いを30秒または手指消毒をしましょう。
□多いときや苦手な料理は、手をつける前にほかの人に分けるようにしましょう。

3 食事中
席の間隔を空けて自席で料理に集中しましょう。
お酌、グラスやお猪口の回し飲みは避けましょう。

4 お開き前
□お開きの時間が近づいてきたら、各自残っている料理を食べきりましょう。

 

宴会幹事さん、「30・10運動啓発用コースター~新しい生活様式編~」とアナウンス例をご活用ください!

  宴会の開会前に、幹事さんからご参加の皆さんに「30・10運動~新しい生活様式編~」を紹介していただくと効果的です。幹事さん用のアナウンス例を作成しましたので、ぜひご活用いただき、「30・10運動~新しい生活様式編~」の実践についてご協力をお願いします。
また、「30・10運動啓発用コースター~新しい生活様式編~」を配布していますので、詳しくはごみ減量推進課までお問い合わせください。
                                         
  
 「30・10運動啓発用コースター」(見本)


「30・10運動~新しい生活様式編~アナウンス例(PDF形式 約160KB)」は、こちらをクリックしてください。

食品ロス削減で生ごみ減量!~食品ロスの約半分は家庭から~

 家庭系もやせるごみの組成分析調査によると、生ごみはもやせるごみの約4割を占めています。家庭における食品ロスはちょっとした工夫で簡単に削減することができ、生ごみを減らすことができます。

削減のポイント

 1 買い物前にひと工夫
  冷蔵庫の中から食べられなくなった食品が出てきた経験はありませんか?買い物に出かける前に
 冷蔵庫に残っている食材を確認し、食材は必要な分だけ買いましょう(適量購入)。また、冷蔵庫
 内を定期的にチェック(整理整頓)することで「在庫忘れ」を防ぎましょう。

 2 エコクッキングで「使いきり」
  料理は食べきれる分だけ作りましょう(適量調理)。野菜の皮や葉、茎等は調理方法を工夫し  
 て、捨てずにまるごと使い切りましょう。

 3 残った料理も無駄なく「食べきり」
  余ってしまった料理は、冷凍保存や他の料理に作り替える(リメイク)等、工夫して食べましょう。

 4 消費期限と賞味期限の違いを正しく理解しよう
  「消費期限」「安全に食べられる期限」です。品質が劣化しやすい食品に表示されており、期
 限内に消費する必要があります。(例:弁当、総菜等)
  一方、「賞味期限」「品質が変わらずにおいしく食べられる期限」です。この期限を過ぎて
 も、すぐに食べられなくなるわけではありません。色やにおい、味等をチェックして異常がなけれ
 ば、まだ食べることができます。(例:スナック菓子、缶詰等)
 消費期限と賞味期限は開封せずに記載された方法で保存した場合の期限です。開封後は期限にか
  かわらずに早めに食べましょう。

 

家庭での食べ残しや食材の余りを減らすため、30・10運動~家庭編~を実践してみませんか?

どんな運動?

毎月30日10日を「冷蔵庫チェックデ―」とし、冷蔵庫の中を定期的に整理整頓する習慣を作っていただくことで、食品ロス削減に取り組む運動です。まだ食べられる食材を無駄にせず、おいしくいただきましょう!
 

食品ロス削減の取り組みについて(関連リンク)

環境省(外部サイト)
消費者庁(外部サイト)
農林水産省(外部サイト)
山形県(外部サイト)
全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会(外部サイト)

このページの作成・発信部署