現在の位置
事業者の皆さんへ
産業振興
農林業
東京2020大会施設への山形市産材提供の取組み

東京2020大会施設への山形市産材提供の取組み

ページID : 107397


 山形市 木材伐採式及び協定締結式・木材エンブレム記念盾贈呈式は東京2020公認プログラムです。

「日本の木材活用リレー~みんなで作る選手村ビレッジプラザ~」 

 山形市は、平成29年9月に、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(以下「組織委員会」)が募集した、「日本の木材活用リレー ~みんなで作る選手村ビレッジプラザ~」に応募し、部材協力者として選定されました。


 このプロジェクトは、オールジャパンで大会を盛り上げるとともに、環境に配慮した持続可能な大会を実現するため、全国の自治体から借り受けた木材を使用し選手村ビレッジプラザを建築、大会終了後は解体された木材を各自治体に返却し公共施設などでレガシーとして活用するもので、県内では山形市のほかに山形県と金山町が参加します。
 山形市ではこのプロジェクトへの参加を通して、山形市産材のPRや林業の活性化に寄与したいと考えています。
 

◆『選手村ビレッジプラザ』とは

 提供木材を使用して建築される選手村ビレッジプラザは、選手団の入村式の場としてメディアを通して多くの人の目に触れる選手村の代表的な施設であり、他にも大会期間中の選手の生活を支える施設として様々な店舗やカフェ等が配置され、多くの選手やメディア関係者等が訪れる施設になります。
 プロジェクトの概要は組織委員会のホームページをご参照ください。


(2018年10月時点のイメージ図/©Tokyo2020)

提供木材 

 山形市南西部の「山形県県民の森」内に位置する、標高約600m、面積約34haの山形市有林板橋山から、地元の西山形地区の皆さんが植林し大切に手入れしてきたスギの木を約50㎥提供します。
 伐採された木材はビレッジプラザの建築材として使われた後市に返還され、大会レガシーとして地元の西山形小学校の改築工事に利用されるほか、多くの市民の皆さんに親しんでいただけるよう公共施設等に後利用する予定です。
 また、伐採跡地には再び植林することで、「植える→育てる→伐採する(使う)→植える」という健全な森林サイクルによる資源の循環利用を目指します。
 

これまでの取組み

1 感謝状贈呈式                                          

活動内容

 日時 2017年11月24日
 場所 東京都港区虎ノ門 虎ノ門ヒルズ森タワー
 プロジェクトに参加する全国63自治体に、組織委員会より感謝状が贈呈されました。
 また、プロジェクトの記念として各参加自治体産の木材で作られた東京2020オリンピック・パラリンピックの木材エンブレムが披露されました。
 

写真

 山形市から農林部長が出席し、組織委員会遠藤利明会長代行より感謝状を手交

   

 

2 木材提供に関する協定締結式

活動内容

 日時 2018年5月12日
 場所 山形市大字門伝地内 山形市有林板橋山
 提供木材を切り出す市有林板橋山のスギ植林地において、地元西山形地区の皆様をはじめ林業関係者やご来賓の方に参加いただき、組織委員会と山形市による木材提供に関する協定締結式を行いました。また、組織委員会から、選手村ビレッジプラザに木材を提供する各自治体に贈られる記念品である木材エンブレム記念盾が贈呈されました。
  

写真

 佐藤孝弘山形市長と組織委員会の遠藤利明会長代行による協定書の取り交わし
 

  

 山形市産材で作られた世界で一つだけの木材エンブレム記念盾

    
 

3 市有林板橋山伐採作業

活動内容

 日時 2018年9月下旬~11月上旬
 場所 山形市大字門伝地内 市有林板橋山
 選手村ビレッジプラザの建築材として提供するため、市有林板橋山の一部を皆伐しました。
 

写真

 伐採前の市有林板橋山のスギ林
 

 木の根元をチェーンソーで伐倒
 

 伐倒した木の枝を払い(枝払い)、木材の用途に応じた長さに切断(玉切り)
 

 林内に置かれた丸太を作業道の脇などに集積  
 
 
 プロセッサ(造材機械)による枝払い・玉切り・集積の一貫作業
 
 
 フォワーダ(集材用車両)による山土場からの運搬

   

  運搬した丸太を集積場に積み上げ(はい積み)
  

 
 木の先端の細い部分や根本の太い部分などの端材も、バイオマス材として発電用燃料に使用
 
 
 伐採終了後、スギ苗を植栽
   
 

4 製材加工作業

活動内容  

 日時 2018年10月下旬~2019年3月下旬
 場所 山形市内の各製材所11社

 伐採した木材を山形木材業組合を通じて各製材所に運搬し、市内の製材所11社で丸太を製材・乾燥する作業を行っています。(2019年3月上旬現在作業中)

 

写真

  トラックで集積場から製材所へ木材を運搬
  

  製材所へ積み降ろし
  
   

  組織委員会が指定する寸法に合わせて製材
    
 
  製材を乾燥機で乾燥
   
 

5 今後の予定

・2019年4月~6月 各部材に刻みを入れる加工(プレカット)や塗装など製材加工仕上げ作業
・2019年6月    木材出発式の開催、木材運搬・引渡し
・2020年7月~9月 東京2020オリンピック・パラリンピック大会開催
・2020年12月   ビレッジプラザ解体後、提供木材の返却
・2021年      返却された木材を大会レガシーとして公共施設の建築材等に利用

このページの作成・発信部署