現在の位置
山形市議会
会議結果
議員提案による政策条例
山形市日本酒で乾杯を推進する条例

山形市日本酒で乾杯を推進する条例

ページID : 101721

議員提案による政策条例

 平成26年3月定例会において、議員提案による政策条例が可決されました。
 

条例可決までの経緯

 平成25年12月下旬、市内の酒造会社などから乾杯条例制定に関する要望書が提出され、平成26年1月31日の議会運営委員会において全会一致で乾杯条例の提出を決めました。その後、平成26年3月定例会に、議会運営委員会が提出委員会となり「山形市日本酒で乾杯を推進する条例」が、委員会提出議案として上程され、本会議初日である2月27日に採決した結果、全会一致で可決され条例が成立しました。
 

条例の内容

概要

 この条例は、市民の郷土に対する愛着を深めるとともに、事業者の創意工夫を活かしつつ、日本酒による乾杯を推進し、その普及を通した日本酒の消費拡大、伝統的な産業及び文化の継承並びに地域経済の活性化を図ることを目的とし、市・議員・事業者の役割、また、市民の協力について定めた内容となっております。
 なお、この条例による罰則はありませんが、くれぐれも飲酒運転や事故等のないようにお願いいたします。
 

それぞれの役割など

【市の役割】
 日本酒による乾杯を推進するため、必要な措置を講ずるよう努めるものとします。
【議員の役割】
 自らが参加する会食等の乾杯において日本酒を積極的に使用するとともに、市民等に対しても使用を呼びかけるなど、日本酒による乾杯の推進に努めるものとします。
【事業者の役割】
 日本酒による乾杯を推進するために主体的に取り組むとともに、市及び事業者等と相互に協力するよう努めるものとします。
【市民の協力】
 市及び事業者が行う日本酒による乾杯の推進に関する取組に協力するよう努めるものとします。 
 

条例本文


 

このページの作成・発信部署